四十肩

四十肩と五十肩の治し方

四十肩と五十肩の違い

まずは、四十肩と五十肩とでは呼び名は違うのですが、症状は一緒です。
両者とも肩の関節の炎症で腕を動かすと痛みが走るという症状です。

何故2通りの呼び名がついているかというと、
昔は50代の人に多く発生していた症状である為、五十肩と言われていたのですが、
近年は、40代での発生が多くなっている為、四十肩とも呼ばれているだけです。

原因は?

原因は、加齢によるものです。

骨を円滑に動かす為の主成分が、加齢により減少してしまったことに起因する炎症なのです。
具体的には、下記のような成分です。

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・グルコサミン
・コンドロイチン

どのようなサプリメントで回避できるの?

既に炎症が激しい場合には、医師に相談すべきです。

ただ、医師による治療は一時的なモノなので、根本的には加齢によって失われた主要成分を補給してあげる事が大事です。

下記で、市販で人気のあるサプリを選ぶことが出来ますよ。

グルコサミンやコンドロイチンのサプリなら、ココ

速効性のある治し方はあるの?

五十肩の治し方の基本は、ストレッチを基本としたリハビリです。
ですから速効性はないです。

ただ、本当に痛みが酷くて夜も眠れない場合は、座薬や注射で痛みを緩和することは出来ますので、整形外科に相談してみるといいでしょう。

参考リンク 日本整形外科学会